■電子楽器メーカーを早期退職し、ある平面スピーカーのベンチャーのユニークなスピーカーをひとつの素材としてアプリケーションの開発、アイデア提供、システム提案、特型品の設計製造などをする法人を設立。現在総勢1人。使用人0。■音楽文化の振興と、音楽以外も含めたあらゆる再生音の質の改善をライフワークにしたいと考え幅広く活動し人的ネットワークを広げようとしている。■浜松市の音楽振興事業のひとつである「主催者養成セミナー」に参加したり、地元のアマチュア、プロを問わず音楽家のコンサートの音響や運営をサポートしながら、音についての認識を深めてもらおうとしている。■また2010年5月末、平面スピーカーを使った小型のiPod用スピーカーシステム「ブックスピーカー」を発売開始し、多くの人に音の良さを実感してもらえる様に廉価での販売をしている。

創業者プロフィール

Right-EAR は、みぎみみ?

Right-EAR の Right は、正しい 

EAR の E は、 Electronic(電子、電気の)

EAR の A は、Acoustics(音の響き)

EAR の R は、Reinforcement(補強、支援)


 Right-EAR とは、電気音響による音と響きの正しい補強(支援)という意味です。現代はあらゆる場面、あらゆる状況の中で音楽や音があふれています。しかしその音は必ずしも良い音ばかりとは言えず、中には問題のある場合が多くあります。


音が割れていたり、ノイズが沢山混じっていたり、

必要以上に大きな音であったり、明瞭でなかったり、

低音や高音のバランスが悪かったり、とても耳につく嫌な音だったり

届くべきところに音が届かなかったり、よけいなところに音が飛んで騒音になったり


Right-EAR とはこのような状況に目を向け、

これらの問題を解決しようとするコンセプトに付けた名前でもあります。


これをミッションとして 2007年6月5日に、「ライト・イア合同会社」として立ち上げました。 

微力ではありますが、あらゆる場面で、音の質の改善に貢献できる様、活動してまいります。

RIght-EARの意味


    社名:ライト・イア合同会社

   代表者:代表社員 大和 誠

    設立:2007.6.5

   所在地:静岡県浜松市中区佐鳴台 2-28-25

   E-mail:info@right−ear.com

   資本金:500万円

  事業内容:スピーカーシステムの企画、開発、製造、販売

       平板スピーカーユニットの開発、製造、販売

       音響システムのコーディネーション

       音響機器の企画、研究、開発

       音響システムのオペレーション

      (コンサートPA/SR)

               

  所属団体:浜松商工会議所会員


 主な取引先:株式会社プロトロ

       有限会社サウンドデザインジャパン

       ローランド株式会社

       株式会社伸和

       


会社概要

2007. 6. 5 ライト・イア合同会社創業

2007. 10.    Sound Naturalism EW-1000, EW-500 を開発し発売

2008. 1.    コンサート音響制作サービス

2010. 5.    Bookspeaker  BS-200 を開発し発売

2010. 12.   浜松ビジネスコンテスト ベンチャービジネスチャレンジ賞

      同コンテスト デザイン賞受賞

2012. 5.  浜名湖国際頭脳センター内にラボを開設

2011. 11. グッドデザインしずおか 技術賞受賞

2013. 5.  ピロースピーカー クラウドファンディング実施

2013. 10. ピロースピーカー PS-21 発売

2014. 10.    ものづくり補助事業 スピーカーユニットの性能改善


出来事